南風原字本部の石獅子

DSC06129.JPG

「この石獅子は、南風原町指定有形民族文化財のひとつで、本部の南南西の方向にある八重瀬に対するフーチゲーシ(邪鬼返し)の目的で作られたと伝えられている。八重瀬がヒーザン(火山)として恐れられていたことは、南部一帯に広く伝承されている」と標識に書かれています。この獅子の形は南風原字本部にしかありません。来るものが鬼なら、こちらも鬼で対抗って感じですね。

DSC06136.JPG
しかも、この背びれ。くくくっ!当時はどういう思いで作られたのか興味津々ですが予測付かないですね。魚類系?恐竜系?ウルトラマンの?う〜んわかりません・・・。

DSC06138.JPG
この獅子のタイプは相当石獅子好きでないと知らないでしょうね。





posted by de-jin2 2012年12月13日 20:41 | Comment(0) | de-jin日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。